ナスダック100指数

ナスダック100

インテサ·サンパオロは、バイナリーオプションはトレーダーにとって、魅力的なバイナリオプションです。2008年の金融危機により株価は5ドルから1.5ドルまで落下しましたが、2010年には3ドルまで回復しましたが、ユーロ危機やイタリア経済の悪化の影響を受け再び株価が1.5ドルまで下回りました。現在は、順調に回復をしており2011年11月から大きく増加しています。

2007年、バンカインテサとサンパオロIMIの間で、イタリア銀行グループとどちらが合併するか競争が起きました。インテサ・サンパオロ銀行はイタリアを拠点としながら、東ヨーロッパ、北アフリカ、中東へのビジネス展開も始めています。2010年インテサ・サンパオロ銀行は7500支店を世界中に保有しています。

インテサ·サンパオロは、ミラノ証券取引所、イタリア取引所でティッカーではISPという明記で登録されています。

株価はネガティブニュースに影響を受けやすく、常に大きく変動しています。そのため、変動の動きを知ることにより、取引できる機会は常に存在しています。

メリットのある取引するためにはユーロ圏、イタリア、金融市場の、インテサ·サンパオロ自体を理解すれば、より大きな利益を得られます。

インテサ·サンパオロバイナリオプションに興味がありますか? 下記では取引可能な三つのプラットホームを紹介します。

有価証券や商品出てくるある地理的領域で取引するバイナリオプションのトレーダーにとって、インデックスは優れた方法です。ナスダック指数は1985年に設立され、インデックスは二つのサブ・インデックスから成っていました。一つは金融会社、もう一つは他の金融部門以外の企業から成っています。

このインデックスには、指数の基準を満たす上位100社が含まれています。それは米国、イスラエル、カナダ、イギリス、その他の場所からの企業で構成されているので、厳密には米国のみのインデックスではありません。これが一つのスコアで多く異なった部門の収益を兼ね備えているように、経済収益の優れた基準だと意味しています。

バイナリオプションのトレーダーは、現在の企業情況や今後の予測のために、GDP、失業率、雇用、製造業購買の心理や分析の見解などの経済収益の指標に注目していかなくてはなりません。バイナリオプションは一般的に非常に短期間で取引されるので、トレーダーはたくさんの情報からの心理変化を注目していきます。

ナスダック指数の企業は、ほぼ全て知られた世界中を動かす大規模な企業です。指数の情況で定期的に更新されます。

純利益に基づいた2011年のトップ10の米国企業は:

 エクソンモービル(XON)、シェブロン(CVX)、アップル(AAPL)、JPモルガン·チェース(JPM)、マイクロソフト(MSFT)、アメリカン·インターナショナル·グループ(AIG)、ウェルズ·ファーゴ(WFC)、IBM(IBM)、ウォルマート(WMT)とゼネラル·エレクトリック

バイナリーオプションのトレーダーは、ナスダック指数で行う時に様々なトレード戦略を使用することができす。プット、コール、タッチ・ノータッチの取引、または境界貿易を選択できます。米国経済と債務危機の不安定性は、市場に大規模な不確実性をもたらした。今後数年は、不安定や量、利益に対応できた情況が、効果的な技術的分析を行えるのです。

どこでナスダック100バイナリオプションを取引しますか?

ナスダックは、バイナリオプションのブローカー·プラットフォームで利用可能です。ここでいくつか最高のものを用意しています。

下記の表