ベアマーケット

弱気な年が近づいている。原因は何だろう?

弱気市場とは、株価の下降傾向を特徴とする株式市場です。「弱気市場」はS&P500指標の少なくとも20%低下することと定義されています。問題は、専門家たちは、私たちは弱気市場に入ったことを評決に至った時に、指標はすでに20%減少しました。多くの専門家は、下げる中、下落に買うことを投資家に助言します。

2016年は、熊の星のもとに過ぎる可能性があります。すなわち、最大の投資銀行は、株式市場のすべてのセグメントでは長期的下落を見込んでいます。それ故に、7年にわたって始めてJPモルガン証券株式会社のアナリストは株式を売るよう入札者に呼びかけました。そして、RBSの戦略家は、「質の高い債券以外のすべてのものを取り除く」ということを顧客に助言します。

全体的な景気後退のため、今年の市場リスクは高め続けています。銀行アナリストによると、長期的な企業投資はほとんど利益をもたらさないだけでなく、危険なものとなります。

不景気に戻る

アラン・ラスキン、ドイツ銀行のニューヨーク支店の先進諸国通貨のグループ部長によると、現在の四半期末までにユーロは1.05米ドルまで下落し、2016年間に米ドルとの平価を下回ります。

弱気傾向に対する彼の確信が、ユーロ圏の消費者物価の変化に関するデータを表す月曜日に公開された報告書によって強固になりました。ブルームバーグによれば、おそらく、彼らは、金融政策の緩和のために欧州中央銀行(ECB)に押しつけます。

消費者物価指数(CPI)は1月に0.4%上昇した後、次の月0.2%減少しましたが、経済学者が平均的にゼロ変化を予測しました。それ故に、消費者物価指数は0.1%下落したとき、デフレは去年の9月以来始めてユーロ圏に戻りました。2015年2月以来、これの強度が最も高かったです。

今後の第4四半期の企業報告は株式市場における信用性を与えない恐れがあります。

2008年以来初めて、米国の製造業の低下は、企業のために投資銀行によって計算された第4四半期の利益率をネガティブ・ゾーンの方へ押しました。先週公開された、12月の米・ISM製造業景況指数は、11月の48.6%に対して48.2%に低下しました。大恐慌時代以来、最低レベルとなりました。

2008年からの教訓

先週末には、欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワドガロー・フランス中銀総裁は、ドイツの新聞『Frankfurter Allgemeine Zeitung』のためにインタビューを受け、デフレーションはユーロ圏経済への主要な脅威であると言いました。また、「私たちは2008年から教訓を学ぶべきである」彼は述べました。これは、3月の会議での欧州中央銀行(ECB)の刺激策への期待を高めました。

By Chief Financing 9.08.2016

Other interesting articles of the experts