中国・欧州・米国市場の相関

中国・欧州・米国市場の相関

国間の地政学的提携連盟の基本は、唯一の戦術的なことができます。世界的指導力としての「主な賞」のための戦いでは、 味方がなく、競争者だけがあります。中国と米国は地政学と市場相関の面で、中国の宗教で言われる陰陽と似ています。この場合には、米国は「黒」陰 (地獄の帝国) であり、中国は「白」陽(天国の帝国)です。この場合には、米国は「黒」陰 (地獄の帝国) であり、中国は「白」陽(天国の帝国)です。近代地政学的闘争が、少なからずこの世界最大の経済の対立に影響しています。他のすべてのプレイヤーは、陰と陽の間で機動する必要があります。

米国

それはまだ世界で最も先進国でありますが、今は、経済的に脆弱な国です。それにもかかわらず、しっかりと軍事的リーダーシップを保持します。

中国

中国は、逆に、西よりはるかに軍事的に劣っていますが、経済的にもっと自信を持っています。その経済は成長を続けています。それにもかかわらず、中国は、まだ近代化されない途上経済があります。また、構造的な問題があり、成長モデルの転換が必要です。

世界の「ゴールデンミリアルド」のリーダーとしての米国は、世界の覇権を維持することを目指しています。このような状況では、ワシントンは、経済の抑止力を誘発しない国から構成されている非公式の連合のBRICs(ブリックス)という問題に直面するはずです。まず第一に、経済成長が目覚ましい中国はドルの安定性の問題をもたらす可能性があります。その上に、米国の覇権計画への拮抗勢力となる中国は、ロシアと同様に、多極化論を維持しています。

中国と米国の両方が戦略対話を確立しました。中国と米国の両方が戦略対話を確立しました。北京とワシントンは交渉する意欲を継続的に宣言していますが、実際にそれは、結局にどの国がリプレーするかゲームです。

自分の目的を推進しながら、中国は、いつものように自身の力のみに信頼します。しかし、この大きな地政学的なゲームで特定の問題で米国を勝つためには、中国は様々な欧米の国の間の矛盾を刺激しようとしています。例えば、米国と英国の間の矛盾を刺激し微細なゲームをしています。別のラインは、東欧の「虎」の間で自分の地位を強化するよう、西欧とゲームすることです。 

ヨーロッパ

とにかく、ヨーロッパは、アメリカに影響を与えることにより中国を支援することができる最もちかい重量な地政学的なプレーヤーです。ブリュッセルは、ワシントンの指導から自由になるために、東に目を向けて、ロシアと中国との妥協を求めています。これは、ヨーロッパ・ロシア・中国の組み合わせは米国の覇権を上回る可能性があるからです。そして、もちろん、この「組み合わせ」でのリーダーシップはヨーロッパに保証されることになります。それに加えて、ユーロのポジションが強化し、ドルが弱くなる可能性があります。

しかし、実際に、ユーロのこのような見通しは、実現される運命ではありませんでした。世界金融危機のせいでヨーロッパの勝利が失われました。それ故に、米国はその脆弱性をよく理解しているため、危機管理対策の際、欧州大西洋の「綱を引っ張る」ことでブリュッセルに影響を与えました。その結果、現在、ワシントンはヨーロッパ中にその支配を持っています。しかしながら、危機のため、中国とロシアは、特に欧州との同盟を目指してなく、最も近い国々との関係を強化することに焦点を当てます。

By Chief Financing 9.08.2016

Other interesting articles of the experts