新興市場についての賛否

新興市場についての賛否

新興市場の証券は、すでに独立した、非常に多数のアセットクラスになりました。最近、政府やこれらの国の企業は資金のの必要性を感じ、計画の資金をするため、持分金融商品と負債性金融商品(従来の銀行ローンの代わりに)を用います。当然ながら、これは地元の金融市場の質的・量的成長をもたらします。すなわち、発行者の数、株式・債券の取引量が増加しています。

予測によると、2020年までに、新興市場の時価総額が3倍になり、17.4兆ドルに達する可能性があります。世界の株式市場の合計総額における、それらのシェアが現在の14%から24%まで増加します。

現在、新興市場へ投資家の関心が高めている理由は、その市場の基本的な特性の大幅な改善であるということです。多くのEMEAの国はインフレと戦い、金融引き締め政策を実行し、均衡の取れた予算を維持するために努力しています。また、この国は外国資本を誘致するために好ましい状況を提供してみています。国際金融格付け機関はEMEA国の信用格付けを上げることにより、それらのマクロ経済情勢を改善しています。

新興市場の株式や証券の投資ポートフォリオのメリット

その上、新興市場の株式や証券を投資ポートフォリオに含むと多くの利点をもたらします。

多様化

先進と新興株式市場の間に強い相関関係が存在しないため、時に違う方向に動きます。それ故に、両方のアセットクラスをポートフォリオに含む場合、それはよりバランスのとれたものとなります。

利益率

新興市場の株式を購入することは、ポートフォリオ危険性を増加させることにより、その潜在的利益率を増大させます。先に述べたように、最近、新興市場は先進市場よりも急速に成長しています。しかし、このような優位性は、ルールとはみなされません。

過小評価

多くの研究によると、新興市場における資産の価格は比較的に安いです。S&P/Citigroup Globalによると、今年9月末に、新興市場の株式は3.3の株価収益率を持ちましたが、株式市場の平均インデクスは21.0でした。

新興株式市場への投資に伴うリスク - 今度は、コインの裏を見てみましょう。その分類は、以下のようになります。

政治的

発展途上国の状況に関連するニュースでは、しばしば「政治的対立」・「通貨危機」・「社会的抗議」などの単語を見ることができます。政権交代が、経済政策路線の根本的な改正または、「逆転」につながる可能性があります。つまり、それは国有化の脅威、民営化の結果の改正、閉鎖などをもたらします。結果として、地方金融市場の崩壊が保証されています。

金融的

まず、これらは現地通貨の「脆弱性」によるリスクです。外国証券業務により獲得した利益は、為替レートの好ましくない変化によって相殺することができます。第二に、既存および将来の金銭的制限(国の兌換性、ディスインベストメントの順序、非居住者による利益の本国送金など)に関連するリスクがあります。

系統的

高いリスクは新興市場の弱い性能を提供します。 現在、120か国以上は新興市場ですが、それは、そんなに多くの国々であっても、多くの投資の機会を提供しているというわけではありません。なぜかというと、新興市場の中で3分の1のみ国内株式市場があるからです。同じように、ここでは市場の脆弱なインフラ、地元のブローカー、注文執行の迅速と正確性に関連するリスクを言及する価値があります。

投資

新興市場が弱い免疫力を持っており、外的要因に非常に敏感であることを、言及する価値があります。 例えば、通常、新興市場は悪材料に対するより強い反応を持っています。新興市場証券は1つの資産クラスとして考えられていることに注意することが重要です。これは、1つの国の新興市場上で問題が、すぐにすべての新興市場から資本流入を促進する可能性があることを意味します。

By Chief Financing 11.08.2016

Other interesting articles of the experts