ブレント原油・資産価格レビュー

ブレント原油。2015年

ニューヨーク証券取引所は、原油が一日一日の減価償却されていることを示しています。しかし、米国で降雪が近づいているため、年末に、トレーダーは下値に賭けることを停止し、また、中央銀行の行動を待っている理由で、価格調整が可能です。

とにかく、市場の供給過剰のため、2015年中に価格が毎月ほぼ13%に落下していました。

初めて、米国の原油価格は2003年9月以来、27米ドルを下回りました。しかし、投資家は、経済成長の鈍化の背景に、原油の供給過剰は、特に中国では、市場の状況を悪化するとは考えていません。

第二に、ロンドン国際石油取引所(IPE:現ICE Futures Europe)上で、ブレント原油は2.93米ドルまたは10.2%上昇し、年末に1バレル当たり32ドルを向上しました。

ブレント原油。2015年・資産価格レビュー

年の最後の週の初めに、イギリスの首都の市場上ではブレント原油の価格が3週連続下落した後、3.45米ドルまたは11.2%に固定されました。年初来、ブレント原油の価格が14%以上増加しませんでした。しかし、すぐに価格が27.10米ドル、2007年10月以来、前例のないレベルまで下がりました。

それ故に、絶対的な供給過剰や世界経済、特に中国経済に関する不安の背景に、多くの投資家や製造業者が短期的な見通しでは、利益を完全に取得しません。中国は主油消費者の一つであり、世界中で原油需要の値動きのキー力となってきました。しかし、停滞した経済や制限された可能性を持つ中国は、原油価格を上昇させることはできません。

去年、石油輸出国機構は、生産を継続することが可能となる最低価格水準を保護するために低下する市場に介入しました。しかし、石油市場の多くのアナリストは、北米、サウジアラビア、ロシアの高まっている金融不安の背景に、今後数ヶ月で石油市場の供給過剰と価格のリバウンドを期待しています。

最後に、制裁解除後、イランが世界の石油市場へ戻ったことは、価格上昇に対して悪影響を及ぼす可能性があります。一方、2年前、1バレルの値段が115ドルでしたが、2015年の終わりに27ドルとなりましたため、イラン政府は、それが不利であると決める場合、輸出を制限することを決定することができます。

任意の弱気市場上で、価格が上がっているという根拠のない噂が広かっていますが、市場が下落し続けています。価格の「バウンドをキャッチ」し、ダウントレードをすることは唯一の方法です。それは適切なタイミングを選ぶことや強靱な神経を必要とします。価格が上昇するための唯一の理由は、中東の最大規模の石油生産国の主要な決定となることができます。

By Chief Financing 12.08.2016

Other interesting articles of the experts