コモディティレビュー・銅

2015年 コモディティレビュー・銅

銅は、近年では価格が下がっている多くの商品の一つです。しかし、2015年の第1四半期で2.5米ドルから2.95米ドルまでの21.4%の価格回復が市場における波を発祥させました。これは、銅と、もう一つの高性能な商品の大きいな期待の時間でした。すべての主要新聞は、価格が、中国の最大の銅消費者がその経済を安定化したためグローバル産業の回復に対する楽観に支えられた、と述べました。同時に、大きな銅の買い手である欧州中央銀行は景気に弾みをつけるように経済状態の改善を促していました。

金属価格は米ドルで設定されているので、その資産の価格は外国のトレーダーにとっては普段より安くなり、予想よりも弱い米ドルも銅の価格を向上させるよう促しています。しかし、銅の反騰はしっかりしたデータではなくて、主に希望や臆測に基づいていました。

実際、銅は年末までに著しい降下をさせていました。銅契約のすべての主要な買い手は80%以上のロングポジションをオフロードして、市場、特に中国は、予想よりも遅い増加にひどく心配させられていました。中国は経済不況の寸前であり、中国の銅の重要な買い手である落下住宅市場の問題を解決する明確な計画がありません。もしかすると、ギリシャがユーロ圏を離れるように、グレグジットは欧州の投資家のための主要な問題になります。欧州の銅に対する需要はダメにしてしまうかもしれません。強い米雇用者数と中央銀行による市場介入は米通貨を強くし、銅の値段を高くしました。

銅の供給に関して問題点がなければ、価格がさらに下がり、結果はもっとひどいことになっていたでしょう。中国によって銅の在庫調整を考慮すると、供給が需要よりも高く、年末までに価格がは約2米ドルに落ちることに向いているが、まだ銅の採掘と供給が重大な困難に陥っています。例えば、地域の不安定化やインドネシアでの採鉱場の閉鎖のため、商品の巨人グレンコア・ピーエルシーの株価が一度に9%以上に下落ました。同時に、国際銅研究会(International Copper Study Group、ICSG)は需要が予想よりも数%以下であることについて、その調査結果を発表しました。

最後に、銅の供給は、石油や他の主要な商品とは異なり、非常に厳しいです。強い米ドル、産業の停滞と投資家のパニックが相まって、価格が急落しました。年末は、将来には銅や他の商品の要求や価格が上昇する可能性があることを示した。これらの期待はうわさではなく、基礎に基づく場合、来年は銅のために見通しの明るい期間になります。

By Chief Financing 9.09.2016

Other interesting articles of the experts