JP MORGAN CHASE

JPモルガン

2008年、金融サービスセクターは大きい影響を受け金融危機に陥りました。その中でも、JPモルガン社は他企業よりも急速に経済回復した実績を持っています。JPモルガン社は米国で大手銀行の一つであり、チェース·マンハッタンなどの関連会社を含む2000数を数える企業と連結しています。近年、クレジットの失敗により2億ドルの損失がありましたが、長い歴史を持つモルガン社は多くの経験を持っているため、様々な問題が起きても迅速に解決しています。

JP Morgan

1823年には化学事業分野への進出を始め、翌年1824年に金融業務に参入し子会社、ケミカル・バンク・オブ・ニューヨークが設立されました。その後、多くの合併と買収を繰り返し大きく成長しました。2008年に大手投資銀行のベアー・スターンズも買収しました。

52週、株価がニューヨーク証券取引所で30.83から46.49まで大きく成長しました。(3ヶ月間の平均ボリューム23431700(2013年1月))一定期間、JPモルガン社のチャートを見つめれば、大きな可能性があることがわかります。特に、株価に影響を与える要因を理解する事ができれば、短期から長期に渡り、バイナリーオプション取引で成功することができます。

金融サービス市場の競争は非常に激しいものです。シティグループ、ウェルズ·ファーゴとバンク·オブ·アメリカなど多くの大手企業が常に戦っています。その中でも、JPモルガン社は金融市場の中で、着実な進化・発展を遂げており、今後も大きく成長する可能性の非常に高い企業です。

下記の表